• カメラ
    一眼レフでふんわりパステルカラーな可愛い写真の撮り方
    2018年1月8日
  • 海外旅行
    おしゃれスポットあふれるコペンハーゲンを1日で観光できるプランをまとめてみた
    2017年12月31日
  • 海外旅行
    街全体がフォトジェニック!タリンのおすすめ観光スポットを巡ってきた
    2017年12月31日
  • 国内旅行
    死ぬまでに行きたい日本の絶景!与論島を車なしで旅してみた
    2017年9月19日
城南宮で梅さんぽ
スポンサーリンク

どんどん春に近づき、いろんなお花が季節を彩るようになりましたね。

というわけで、3月1週目に梅の名所「城南宮」へ行ってきました。

http://www.jonangu.com/shidareume.html

「しだれ梅と椿まつり」の見ごろであり、なんとその数150本!

梅って正直地味なイメージしかなかったのですが、想像をはるかに超えた美しい世界でした。

城南宮までの最寄り駅は竹田駅。そこから徒歩15分、バスで3分ほどです。

バスは日にちや時間にもよりますが1日3本ほど。確認してから行くことをお奨めします。

http://www.jonangu.com/access_public.html

土曜日ということもあり、会場には人がたくさん!

カメラを持っている人が大勢いてお祭りのようでした。

中でも定番スポットはこちら。

梅と椿の共演が美しいですね。

この場所はどこにスポットを当てるかで表情が全然変わります。だから撮っていて楽しいんですね。

先ほどのは望遠でだいぶ寄って撮りました。

今回は前の椿にピントを当てて単焦点で撮ってみました。

オリンパスで45mmの単焦点で撮影しているので、換算すると90mm。

それでも一番前に座ってここまでしか届きません。

「もう少し寄って撮りたい」と思う方も多いと思うので、望遠を持ってくることをお奨めします。

望遠でメジロを撮っている方もたくさんいました。

お花に望遠は欠かせませんね^^

寄っても引いても可愛い梅たち。

今回はポートレート撮影がメインだったので、あまり梅の撮影はできませんでしたが、いい写真が撮れて大満足でした🎶

スポンサーリンク
関連キーワード
撮影記の関連記事
  • 駅近で場所取りも楽!さぬき高松まつり花火大会はかなり穴場だった
  • 意外と穴場!?矢橋帰帆島公園から琵琶湖花火大会を撮影
  • みなと神戸花火大会をビーナスブリッジから撮影してきた話
  • 雨の日限定の観光スポット!?東京駅リフレクション写真を撮影してみた
  • 穴場シーズンの年末に着物で京都。冬の必需品と注意点についてまとめてみた
  • 憧れの着物で京都をインスタ映え優先で巡ってみた話
おすすめの記事
冬の北海道旅⑤小樽雪あかりの路
国内旅行
海鮮丼を堪能した後はゆっくり小樽の街並みを歩きます。 小樽といえばキャンドルということで、おしゃれなキャンドル屋さんもたくさん。 買って帰り...