不動の王道レンズ35mmf1.4とマイナーレンズ50mmf2で悩んだ私が、50mmf2を選んだ理由

XF35mmf1.4かXF50mmF2か

この2つで悩んでいる方はそんなにいないと思います。

私がカメラショップで開口一番に「50mmF2が欲しいんですよね」と言ったらほとんどの店員さんに苦笑いで「渋いね」と言われたぐらいなので。笑

そんなマイナーレンズXF50mmF2と不動の王道レンズXF35mmF1.4と悩んだ結果、マイナーレンズであるXF50mmF2の方をを選んだ経緯をお話しします。

(こちらもチェックいただけたら嬉しいです。)

もう手放せない!私の中のNo.1レンズ「Fujifilm XF50mmF2」のレビュー
今までミラーレスのレンズ10本以上所有していた私が最も好きなレンズ「Fujifilm XF50mmF2」をご紹介。 換算75mmと使いづらそうな画角ですが、お花とポートレートを撮る方なら胸を張っておすすめできるレンズです。

※これはフジフィルムのお話です。

王道画角「換算35mm」の次に選ぶレンズ

様々な経緯があり、まず最初に手に入れたレンズはXF23mmF2でした。

35mm換算で35mmという、スマホのレンズなどに代表される超王道画角。

キットレンズを持っていないため、景色に一番使いやすい画角が欲しい!ということで、選びました。
予算的にあと1つ。ポートレートお花を撮れるボケがきれいな単焦点レンズを探していました。

誰に聞いてもお奨めされる35mmf1.4

Fujifilmユーザーの方にフジのレンズが欲しいと言うと、ほぼ全員から「35mmf1.4がおすすめ!」という答えをいただきました。
発売からかなり経ちますが、大人気のレンズ。
私も何度か使わせていただきましたが、使いやすく美しい表現力が魅力的でした。



もう1つのレンズは35mmf1.4で決まりだな。
そう思いながらも、念のためにフジフィルムセンターにレンズレンタルをしに行きました。

フジフィルムセンターの方に手続きしてもらい、帰ろうとした時、ふと
ポートレートと花を撮りたいと思ってるんですけど、35mmってどうですか?」と聞いてみました。

すると、「確かに35mmもきれいですが、その被写体なら50mmの方がオススメですよ」というまさかの提案を受けました。

f1.4とf2なのにボケはほぼ同じ!?

まず私が気になったのはボケの大きさ。

ボケる写真が大好きな私にとって、f1.4は憧れの境地。

普段オリンパスのf1.8を使っていたので、f2だとあんまりボケないんじゃないか・・と思っていました。

しかし、先ほどの記事にも書きましたが、35mmf1.4と50mmf2は開放のボケの量がほぼ同じ

焦点距離が長い分、f値が大きくても充分にボケてくれるんですね。

実際に触ってみてその点を実感しました。

35mm⇧

50mm⇧

AF速度の違い

2012年発売の35mmf1.4に比べ、50mmf2は2017年に発売したばかり。
当然性能としては50mmの方が上で、AF速度は全然違います

AFの遅さがウィークポイントのフジ。
特に私の使っているカメラがX-E1という古い機種なので、35mmはAFが遅い遅い。
花など動かないものをじっくり撮るならいいのですが、人や動物も撮りたい私にとってAFの遅さは致命的
このレンズに限りませんが、せっかくモデルさんが良い表情をしたのに、AFが追いつかずピントが合わなかったという悲しいことが何度もありました。
なので、少しでもAFが速い方を優先することも選択基準の一つに含むことをおすすめします。

価格もお手頃

最小f値が2ということもあり、新商品ながら価格がなかなかお手頃なf2シリーズ。

今の価格.comの最安値では、1万円ほど50mmの方が安い!

ついつい背中を押されてしまい、その場でレンタルを50mmに変更。
すぐに50mmの魅力にやられてしまい、1週間後には購入してしまいました・・。

どっちも素敵なレンズ

もちろん35mmf1.4は素晴らしいレンズです。
オリンパス時代は同じ換算50mmの単焦点レンズを手放せないほど使っていたので、この画角の素晴らしさも知っています。(余裕が出たら絶対買う予定です。)
ですが、予算が無くて私のように「お花」と「ポートレート」を撮りたいと悩む方には、50mmのレンズは非常におすすめです。
皆様の参考になればうれしいです!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする