• 海外旅行
    街全体がフォトジェニック!タリンのおすすめ観光スポットを巡ってきた
    2017年12月31日
  • 海外旅行
    おしゃれスポットあふれるコペンハーゲンを1日で観光できるプランをまとめてみた
    2017年12月31日
  • 国内旅行
    死ぬまでに行きたい日本の絶景!与論島を車なしで旅してみた
    2017年9月19日
  • カメラ
    一眼レフでふんわりパステルカラーな可愛い写真の撮り方
    2018年1月8日
カフェや雑貨、テーブルフォトはこれで決まり!初めての単焦点レンズの選び方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

単焦点を買うには、まずは画角から

前回の記事で単焦点レンズの魅力について書きましたが、
「じゃあどんな単焦点を選べばいいの?」という疑問に答えていきたいと思います。

おさらい

単焦点とは簡単に説明すると
・f値が低く、明るくて写りがきれい
・よくボケる
・ズームできない

というレンズです。
解像度が高く、キットレンズより描写力が高いものが多いため、キットレンズから一歩先を踏み出す方にはおすすめのレンズです。

まずは自分の撮りたい画角を決めよう

今までキットレンズ等で写真を撮ってきたと思いますが、 写真を撮る時どの画角が一番撮りやすいですか?
もっとマクロに撮りたい
もっと広く撮りたい
など、自分のよく撮る画角撮る頻度の高いテーマに合わせて選ぶことをおすすめします。

ということで、ここからは撮りたいものごとにお奨めの画角を紹介していきたいと思います!
※全て35mm換算で統一させていただきます。

カフェ・雑貨・テーブルフォトを撮りたい

おすすめは35mmor50mmの標準画角

カフェで出てきた可愛いスイーツや小物を撮るには、標準タイプの35mm50mmが一番おすすめです。
35mmより広角になると主役が目立たなくなりますし、50mmより望遠になると画角に収まりきらなくなります。

自撮りやテーブル全体を写したい場合は35mm

スマホのレンズの標準装備が大体35mmですので、スマホでの撮影が慣れている方は35mmの方が撮りやすいです。


特に自撮り友人と一緒に撮る場合やテーブル全体を写したい場合は50mmでは狭いので、35mmを選ぶことをおすすめします。


また、おしゃれなカフェほど店内が狭い場合があるので、広めに写せるレンズを重宝する場合もあります。

スイーツや雑貨をおしゃれに撮りたい

逆にスイーツ雑貨を単品でおしゃれに撮りたい場合や、カフェの内装の一部をおしゃれに撮りたい人には50mmをおすすめします。


50mmは想像以上に狭いですが、狭い分余計なものが入らないため、おしゃれに撮りやすくなります。
また、焦点距離が長い分35mmよりボケます


きれいなボケを表現したい方、限られたものをおしゃれに撮りたい方、少し中級にチャレンジしたいと思う方にはぜひ50mmをおすすめします。

カフェ撮影は単焦点の力が発揮できる場所

外よりも若干暗いカフェで、明るくきれいに撮れる。
背景をボカしてデザートや雑貨をおしゃれに撮る。
カフェでの撮影は単焦点の力がかなり発揮できる場所なので、撮っていてどんどん楽しくなるはずです。
ぜひ新しいレンズを買って、カフェ巡りに連れて行ってあげてください!

スポンサーリンク
関連キーワード
カメラの関連記事
  • 写真データが簡単に復旧!PC初心者におすすめなEaseUS Data Recovery Wizardのレビュー
  • Fujifilmの一眼レフで花火大会を撮影する基本設定・持ち物について
  • 海外旅行に一つだけレンズを持っていくなら、迷わず超広角レンズを選ぶ理由
  • オリンパスのコスパ最強レンズ 25mmf1.8をレビューしてみる
  • 青空をもっと青くきれいに撮影&加工するための8つのヒント
  • カメラ女子目線で本当に喜ばれるカメラグッズプレゼントを考えてみた
おすすめの記事