要注意!初めての単焦点レンズ購入で気を付けるべき3つのこと

単焦点を買おう

前の記事でそれぞれ撮りたいものごとのおすすめ画角をお伝えしましたが、今回は単焦点レンズを選ぶ上でのその他の注意点についてお伝えします。

①寄れるかどうか

どんなものを撮りたいかにもよりますが、特に料理小物お花を撮りたい方は「寄れるかどうか」を必ずチェックしてください。


レンズによっては寄れない(=近づきすぎるとピントが合わずシャッターがきれない)ものも多くあります。


具体的に完成図をイメージして写真を撮ろうとしているのに、寄れないことでイメージ通りの写真が撮れないとショックが大きいです。
家電量販店で試し撮りでもいいので、きちんとチェックすることをおすすめします。

②AF速度について

AF=オートフォーカス。つまりピントの合う速さです。
これはボディの機能にもよりますが、特に昔のレンズほどAFが遅い傾向があります。
ボディは年度を経るごとに新しくなっていくので、今売られているものはほとんどが発売から2~3年以内のものですが、レンズは昔のものでも写りの良いレンズが多いので、かなり前に発売されたものがまだ売られていることが多いです。

しかし、いくら写りが良くても昔に作られているものなので、AF速度など今の技術が反映されていないものが多いです。
特にfujifilmは他のメーカーに比べてAFが遅い傾向にありますので、昔から販売しているレンズだとAFがびっくりするほど遅い場合があります。
普段からマニュアルで撮影されている方や、動きのないものをじっくり撮りたい方は気にされなくてもいいと思いますが、子どもや動物など動きやすいものを撮りたい場合は要注意です。

③f値について

画角は変えられない単焦点ですが、f値は変えることができます。
f値で差を付けるといえば、「どこまで下げられるのか」にかかってくると思います。

焦点距離が同じであれば、f値は低ければ低いほど大きなボケを作ることができますし、シャッタースピードを稼ぐことができるので、室内など暗い場所の撮影もブレずに行うことができます。

しかし、f値が低いレンズはとにかく高い
ということで
①まずはf1.4ぐらいで買えそうなレンズがないか考える。
②f1.4が高すぎるなら、f1.8~2ぐらいで買えそうなレンズがないか考える。

という順番で考えることをおすすめします。
f2.8の単焦点もあり、なかなか安いのですが、これは思ったよりボケが少ないです。
星を撮るのだったらこのぐらいのf値でも充分撮影できますが、背景がボケたかわいい写真を撮りたいなら最低でもf2は欲しいところです。

単焦点は写真を進める大きな一歩

高い買い物になるため購入を躊躇される方も多いと思いますが、単焦点は写真の幅を広げてくれる大事な一歩となります。
迷っている方はぜひ買うことをおすすめします!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする