兵庫県三木市の素敵カフェ「食堂cafeユズノハ」で可愛すぎるかき氷に会いに

フォトジェニックなおいりかき氷に会える場所

兵庫県の中心地三ノ宮から電車で1時間ほど揺られてたどり着く三木市。

関西に住んでいる人間でもあまり聞いたことのない場所ですが、ここにかき氷が有名なとっても可愛いカフェがあります。

「食堂カフェ ユズノハ」

平日でもかき氷が売り切れてしまうこともあるほど、その場所からは想像できないほどの人気店。
今回は隣の小野市ひまわりの丘公園に行った帰りに寄らせていただきました。

アクセスについて

最寄り駅は神戸電鉄志染駅



ローカルな線ですが、この駅は他の駅に比べて大きいです。

駅から歩いて3分ほどで到着。時間は12時半。
外観もわかりやすい。


意外と並んでない?と思ったら、電話での呼び出し方式だった様子。


店内が小さいので、中で待つことはできません。

結構待つかなと思いきや、タイミング良くすぐに入ることができました。
しかし平日なのに中はほぼ満席状態。
その後も次々とお客さんが来られていました。

野菜たっぷりの絶品ランチに大満足

かき氷メインで来たのですが、お腹も空いていたのでランチを注文。
私が頼んだのは玄米とお野菜のプレート


これが想像以上のおいしさ。
お野菜いっぱいで体に良いし、玄米もしっかり味がついていて食べ過ぎてしまいそう。
そして特においしかったのが車麩のカツ


サクサクで味付けも完璧でご飯が進む進む。
この味は他では食べたことがありません。
どうりで大人気なわけですね。
ここに来たらかき氷だけでなく、ランチも食べてほしいです。

ついにご対面、可愛すぎるかき氷

食後のデザートはもちろんかき氷
種類はゆずはちみつ・おいり和三盆。キウイレモンと期間限定のもも。
どれもおいしそうで悩みましたが、ここはやっぱりおいり和三盆で。
ランチを頼んだ人はSサイズを頼むことができます。

ついにやってきました!


いやー可愛い!
ついついたくさん写真を撮ってしまいます。

かき氷は鮮度が命。
すぐに溶けてしまうので、ささっと撮っていただきます。
和三盆のやさしい甘味とふわふわの氷がマッチしてまろやかな口どけ。
あんなにランチを食べた後なのに、するすると口に入ってしまいます。

しばらくかき氷を食べていると、中になんとあんこが!
あんこが入るとまた味が深くなり、二重の楽しみが。
食べるのがもったいないカラフルなおいりもふわふわで甘くて、優しい幸せを味わえました。

都会からは少し離れていますが、駅から歩いて行けるのでアクセスは良いです。
三木市や小野市などに観光に来られた際にはぜひ立ち寄ってもらいたいカフェです。

関連ランキング:カフェ | 志染駅