北海道と沖縄が両方楽しめる!? 石垣島の離島「黒島」を自転車で巡った話

自転車での石垣島離島旅。第2回目は「黒島」です。


メジャーな観光地ではないので知らない方の方が多いと思いますが、美しい海牧場ののどかな雰囲気に癒されること間違いなし。
石垣島に行ったらぜひ訪れてほしい場所の一つです。
今回はそんな黒島を自転車でまわった様子を写真とともに振り返ります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

黒島を自転車で巡ってみた!

黒島について

黒島とは石垣島からフェリーで約30分で到着する八重山諸島の一つ。
島の形がハート型に見えることから「ハートアイランド」とも呼ばれています。

この黒島、人口が約200人に対して牛が約2800頭という北海道もびっくりな牛大国。


外周12.6kmという決して広くない島なのに、他に建物が何もないからか、広大な土地にたくさんの牛がのんびり暮らしているように見えます。


美しい青空をバックにまったり過ごす牛たちを見るとまるで北海道に来たかのような気分になりますが、島を進んでいくと沖縄らしい美しいビーチもあります。
普段都会で暮らしている人間にとってはまさに異世界。

石垣島や竹富島よりも旅気分を味わうことができます。

石垣島からフェリーで30分。黒島港に到着

港に到着したら歩いてすぐの場所にいくつかレンタサイクル屋さんがあります。
島一周は自転車で1~2時間ほどなので、自転車でも充分巡れます。
ただし竹富島と比べたらだいぶ広いので、体力に自信がない方や時間がない方はバイクの方が楽かもしれません。
私は今回自転車をレンタル。早速黒島観光に飛び立ちます。

青空の下の一本道をひたすら進む

黒島のメイン道路は基本的に一本道。迷う心配はありません。
きれいな青空の下、自転車のペダルを漕いでいきます。
左を見ると黒島のシンボル、牛・牛・牛・・・!
たくさんの牛たちがのんびり暮らしているのどかな景色を楽しむことができます。

西の浜で想像を超えたエンカウント

一つ目の観光ポイントとして、黒島港のすぐ隣にある西の浜に行きます。


私が道を間違えていたか、ジャングルみたいなところを通っていくことに。。
途中で自転車を降りて進むとそこには美しいビーチが!!


天気も良くて、青空と美しいブルーの海が目の前に広がります。
美しすぎてしばらく休憩してしまいました。

一休みし、戻ろうとしたところでまさかのハプニング。

牛・・・?

何と私が自転車を置いているすぐそばに牛が佇んでいました。

しかも繋がれてない。

牛はじっとこちらを見ています。

どうしよう、めっちゃ怖い。。

自転車を取り返さないと観光できないのですが、牛が怖すぎて近づけません。

どうすればいいのかかなり悩んで悩んだ結果、一旦レンタサイクル屋さんに電話することに。
そうするとおじさん
「牛も女の子と一緒。優しく扱えば悪さしないよ!」
と、あっけらかんとした答え。

いやいやいやいや!!

優しくするってどうやって?

どうすればいいのー??

と半ばパニックになりながらも電話を切ると、
牛は消えていました。

電話している間にどこかに行ったのか・・?

とりあえず恐る恐る近づいて、近くにいないことを確認して猛ダッシュ。
何とか元のルートに戻ってくることができました。
安心したー。。

思わぬ可愛い生き物に遭遇

気を取り直して次の目的地である仲本海岸へ向かおうと自転車を漕いでしばらく経った頃。
向こうから何か歩いてくる・・?


なんと子ヤギでした。
これがまた、、可愛すぎる💛
何をされるかわからないのでこっちもおっかなびっくりである程度の距離を取りながら撮影に挑むのですが、
好奇心旺盛な子ヤギちゃんはそんなことお構いなしで近づいてきます。


どうやら自転車が気に入ったようで、しばらく自転車のそばにいてました。
なんて可愛い・・!


どうやら近くの民宿で飼っているヤギさんの子供の様子。
近くを歩いてみると、親ヤギさんが繋がれていました。


子ヤギちゃんとの戯れは飽きることがないのですが、こんなところで時間を取るわけにもいかないので、泣く泣く次の目的地に出発。
また会いたいな・・。

仲本海岸で美しい海に癒される

子ヤギちゃんに後ろ髪を引かれながら自転車を漕ぐこと10分ほど。
次の目的地である仲本海岸へ到着しました。


干潮だったのでしょうか?他のビーチとは少し違った形。
道のようなところ歩いて進むことができました。


この日は3月だったのですが、夏のここの景色はもっと美しいとのこと。
夏は暑すぎるので黒島巡りはなかなか厳しいのですが、夏もこの場所に来たくなる言葉でした。

時間が迫る中で黒島展望台へ

さて、ここから1.8kmで黒島灯台に行くことができるのですが、色々なハプニングに見舞われていたせいか帰りの時間が危うくなってきました。
ということで、黒島灯台はパスして、黒島展望台に向かうことにします。


ここも大きな道なのでわかりやすいですが、道がいくつか分かれている部分があるので、googlemapがあると非常に便利です。


黒島展望台からは黒島全体の景色を見渡すことができます。(そんなに高くないけど)
時間が差し迫る中、とりあえず登って景色を見て、すぐ降りる。
結局かなりバタバタして写真すら撮っていませんでした。笑

最後の目的地である伊古桟橋へ

急ピッチで自転車を走らせて到着したのは最後の目的地である伊古桟橋
青い海に向かってまっすぐ続く桟橋で、目の前には広大な海が広がります。


2005年に国の登録有形文化財に登録された場所で、その美しさにしばらく目を離すことができませんでした。
急いでいてもここだけは立ち寄りたい。そう思って自転車を飛ばしてきて正解でした。

最終便の1本前で石垣島に帰還

無事に乗りたいフェリーに間に合い、石垣島に帰ることができました。


離島の怖いところは最終便に乗り遅れると帰ることができなくなること。
黒島は狭いとはいえ普段運動しない人にとっては一周して観光するだけで結構体力を使うので、観光時間は余裕を持つことをお奨めします。


滞在時間は約1時間半
この時間で自転車で一周(半周?)して写真もたくさん撮れたので、満足でした。

北海道と沖縄が同時に楽しめるコンパクトな島

北海道のようなのどかな牧場の景色も、沖縄らしい美しい青いビーチもどちらも楽しめる黒島。
平坦な道は多く自転車でもまわりやすい場所なので、車が無い方も安心して楽しむことができます!
星も美しいとのことなので、星を見たい方は宿泊してもいいかもしれませんね。

車なしの石垣島旅行を成功させるホテルの選び方について
車なしで石垣島を旅する際に、最も大切なのは旅の拠点であるホテルをどこにするか。選ぶポイントとそれを基に私がいつも宿泊しているおすすめのホテルをご紹介します。

関連記事

車なしで石垣島&八重山諸島旅行。実際に旅したモデルコースをご紹介!
実際に石垣島をバスと自転車でまわった旅のコースをご紹介。バスや離島の時間の使い方を工夫すれば車なしでも十分楽しめます。石垣島と離島を楽しみたいけど、車は運転できない・・という方にはおすすめです。
もっと沖縄旅行を楽しむために!忘れがちな注意してほしい5つのこと
青い空、美しい海。 日常を忘れられるほど素敵な景色が広がる沖縄は、普通の旅行ではもちろん、写真を撮る人にとっても最高の場所です。 ...
石垣島No1景勝地「川平湾」にバスで行ってみた話と写真撮影の時間帯について
石垣島髄一の景勝地である「川平湾」。車が無くてもバスで意外と行きやすいので、その様子をレポートしました。川平湾で写真を撮るための注意点も紹介しているので、これから行く方はぜひ参考にしてください。
小浜島を自転車でまわろうとしたら、とんでもなく苦労した話
NHKドラマ「ちゅらさん」の舞台で有名の小浜島。 リゾートホテルなどもあり、石垣島離島の中でもだいぶリゾート化されている島です。 そんな...
ハワイよりも美しい海に出会える!?「鳩間島」を自転車で観光してみた
私が今まで行った中で一番美しい海に出会える場所「鳩間島」。ドラマ「瑠璃の島」の舞台にもなった観光地化されていない小さな島です。徒歩や自転車でまわることができるこの島を自転車で旅してきた様子をレポートします。
北海道と沖縄が両方楽しめる!? 石垣島の離島「黒島」を自転車で巡った話
石垣島の離島で人口の10倍以上の牛が生息している黒島。メジャーではありませんが、美しい自然と海が共存する世界はまさに「北海道と沖縄を一緒に楽しめる場所」。自転車で1周1.5時間と島自体がコンパクトなところも魅力です。
石垣島離島ターミナルから自転車で行ける!絶景海カフェ2店をご紹介
目の前に海が広がるテラス席でのんびり過ごすことができる海カフェ。車がないと行けない場所が非常に多いですが、石垣島離島ターミナルから自転車で行けるお店を2店ご紹介。どちらも絶景と美味しい料理を楽しめる素敵な場所となっています。
車なしでも沖縄旅行を楽しむための6つのヒント
「沖縄に行きたいけれど、車がない」という方は多いと思いますが、少しの工夫で車がなくても沖縄旅行は楽しめます。何度も車なしの沖縄旅行をしている経験から、旅のヒントをご紹介します。