石垣島No1景勝地「川平湾」にバスで行ってみた話と写真撮影の時間帯について

美しい海がたくさんあることで有名な石垣島ですが、その石垣島のナンバーワン観光スポットといえば「川平湾」。


他の海では見ることのできないエメラルドグリーンの透き通った海に白い砂浜、そこに船が浮かぶ景色は誰もが感嘆の声をあげるほどの美しさ。
石垣島に行ったら絶対に外したくない景勝地です。

しかし、石垣島市街地から車で40分の距離があるこの場所、車が無い旅でどうやって行くのか。
そんな時こそ使えるのが、そう。バスです!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

バスで川平湾まで行ってみた

本数は少ないながらも、石垣島離島ターミナルから川平湾までのバスはあります。
2017年8月現在は川平リゾート線というバスが走っていて、だいたい1~2時間に1本の間隔です。

私は8:55ターミナル発⇒9:40川平着で向かい、10:40川平発⇒11:25ターミナル着のバスで行きました。

グラスボートに乗るわけではなく、写真を撮るだけなら普通の人は1時間もあれば充分です。

私は全然足りませんでしたが。

この川平リゾート線はフサキリゾートビレッジなど有名ホテルにも停まるので、バス停近くのホテルに泊まればバスで観光が可能となります!
他にもバスターミナルから出ている西方面行きや空港を通る米原キャンプ場線など、川平(川平公園)を通るバスは割とあるので、時刻表を見ながら探してみてください。

バス停「川平」から川平湾まで

心配しなくても歩いてすぐに着きます。
バス停から道なりに進めばすぐに川平湾が見えてくるので、安心してください。
帰りのバス停だけあらかじめ確認しておくことをお奨めします。

川平湾の美しい写真を撮るには朝+満潮が大事

川平湾の美しい景色に出会う前に少し注意事項。
川平湾は行く前に満潮の時間を調べて行くようにしてください。
干潮の時間に行ったらこの美しい景色が半減してしまいます。
また、光の当たり方などの関係で、ガイドブックのような美しい写真を撮るには朝方の撮影が必須。
満潮+朝方でなおかつちょうどいい時間帯のバスがあるかは運次第ですが、参考にしてください。

ついにご対面。美しすぎるエメラルドグリーンに感動

バス停から歩いてすぐ。この景色を見ることができます。
想像以上にエメラルドな海に目が奪われます。

この景色を見ながらのブルーシールは最高。

上からの景色を堪能した後は、下まで降りてみます。

白い砂浜と美しい海に釘づけ

下まで降りると白いさらさらとした砂浜と更に美しさを増したように見える海が待っていて、ここでもシャッターを切る手が止まりません。


海の見えるブランコ

そしてここ川平湾の魅力を更に引き立ててくれるのが猫さんたち。


川平湾には数匹の猫さんがいて(業者さんが飼っているのかな?)、美しい海をバックに自由に戯れる姿はとっても癒されます。

海そっちのけでついつい猫ばかり撮影してしまいます。


可愛い。可愛すぎる。


そうこうしている間にあっという間に帰りの時間に。
名残惜しい気持ちを抑えながら帰りのバスに乗り込みました。

川平湾は割と簡単にバスで行ける

空港と川平湾、離島ターミナルを結ぶ川平リゾート線のおかげで、「空港から」「ホテルから」「離島ターミナルから」など様々な場所から川平湾に行くことができます。
石垣島に来たからにはここだけは絶対に外さないでくださいね🎶

関連記事

車なしで石垣島&八重山諸島旅行。実際に旅したモデルコースをご紹介!
実際に石垣島をバスと自転車でまわった旅のコースをご紹介。バスや離島の時間の使い方を工夫すれば車なしでも十分楽しめます。石垣島と離島を楽しみたいけど、車は運転できない・・という方にはおすすめです。
もっと沖縄旅行を楽しむために!忘れがちな注意してほしい5つのこと
青い空、美しい海。 日常を忘れられるほど素敵な景色が広がる沖縄は、普通の旅行ではもちろん、写真を撮る人にとっても最高の場所です。 ...
石垣島No1景勝地「川平湾」にバスで行ってみた話と写真撮影の時間帯について
石垣島髄一の景勝地である「川平湾」。車が無くてもバスで意外と行きやすいので、その様子をレポートしました。川平湾で写真を撮るための注意点も紹介しているので、これから行く方はぜひ参考にしてください。
小浜島を自転車でまわろうとしたら、とんでもなく苦労した話
NHKドラマ「ちゅらさん」の舞台で有名の小浜島。 リゾートホテルなどもあり、石垣島離島の中でもだいぶリゾート化されている島です。 そんな...
ハワイよりも美しい海に出会える!?「鳩間島」を自転車で観光してみた
私が今まで行った中で一番美しい海に出会える場所「鳩間島」。ドラマ「瑠璃の島」の舞台にもなった観光地化されていない小さな島です。徒歩や自転車でまわることができるこの島を自転車で旅してきた様子をレポートします。
北海道と沖縄が両方楽しめる!? 石垣島の離島「黒島」を自転車で巡った話
石垣島の離島で人口の10倍以上の牛が生息している黒島。メジャーではありませんが、美しい自然と海が共存する世界はまさに「北海道と沖縄を一緒に楽しめる場所」。自転車で1周1.5時間と島自体がコンパクトなところも魅力です。
石垣島離島ターミナルから自転車で行ける!絶景海カフェ2店をご紹介
目の前に海が広がるテラス席でのんびり過ごすことができる海カフェ。車がないと行けない場所が非常に多いですが、石垣島離島ターミナルから自転車で行けるお店を2店ご紹介。どちらも絶景と美味しい料理を楽しめる素敵な場所となっています。
車なしでも沖縄旅行を楽しむための6つのヒント
「沖縄に行きたいけれど、車がない」という方は多いと思いますが、少しの工夫で車がなくても沖縄旅行は楽しめます。何度も車なしの沖縄旅行をしている経験から、旅のヒントをご紹介します。
車なしの石垣島旅行を成功させるホテルの選び方について
車なしで石垣島を旅する際に、最も大切なのは旅の拠点であるホテルをどこにするか。選ぶポイントとそれを基に私がいつも宿泊しているおすすめのホテルをご紹介します。