車なしで石垣島&八重山諸島旅行。実際に旅したモデルコースをご紹介!

さてさて、長きにわたって石垣島の車なし旅について書いてきましたが、実際に私が以前行った旅の工程を最後に書いて終わりたいと思います。
観光した場所は竹富島・黒島・石垣島。車を使わない割には頑張った方なんじゃないかなと思います。笑
だいぶ無理やりなプランなのですが、強引にモデルコースにしてみましたのでご覧ください!

※バスの時刻表は2017年8が月現在のものです。必ず最新のものをご自身でお調べください

石垣島&八重山諸島車なし旅 2泊3日モデルコース

1日目:竹富島じっくり観光日

お昼前に新石垣空港到着

バスで石垣島離島ターミナル
新石垣空港から出てすぐにバス停があります。
空港から離島ターミナルへのバスは割と頻繁に出ています。

13時:フェリーで竹富島へ

いくつか離島を巡るならこの時点でフェリーのフリーパスを買う方がお得な場合があります!
会社ごとにフリーパスが分かれているため、他の会社を利用することができなくなるので注意。
各会社ごとにフリーパスの利用条件などが違うため、必ず最新のホームぺージで確認をお願いします。

この日は一日竹富島で楽しみます。

石垣島からフェリーで10分!竹富島を自転車で旅してみた
石垣島の離島「竹富島」を自転車で巡ってみた旅行記を写真で振り返っています。美しい海と穏やかな島時間と可愛い猫に癒された素敵な場所でした。

2日目:黒島と石垣島を気ままにレンタサイクル

11時頃:竹富島を出発。フェリーで石垣島へ。

石垣島離島ターミナルから徒歩圏内のホテルに荷物を預ける。
(ターミナル内でのロッカーでもOK)

12時:石垣島離島ターミナル近くのお店でお昼ご飯

13時:フェリーで黒島へ出発

北海道と沖縄が両方楽しめる!? 石垣島の離島「黒島」を自転車で巡った話
石垣島の離島で人口の10倍以上の牛が生息している黒島。メジャーではありませんが、美しい自然と海が共存する世界はまさに「北海道と沖縄を一緒に楽しめる場所」。自転車で1周1.5時間と島自体がコンパクトなところも魅力です。

15:20:フェリーで16:00に石垣島到着

一旦ホテルに戻り、レンタサイクルで海カフェへ。

17時:海カフェ「PUFFPUFF」でまったり

石垣島離島ターミナルから自転車で行ける!絶景海カフェ2店をご紹介
目の前に海が広がるテラス席でのんびり過ごすことができる海カフェ。車がないと行けない場所が非常に多いですが、石垣島離島ターミナルから自転車で行けるお店を2店ご紹介。どちらも絶景と美味しい料理を楽しめる素敵な場所となっています。

18時~19時:自転車でホテルに戻りながら離島ターミナルまでの道で美しい夕焼けを撮影

夜 石垣島中心地まで自転車で行き、晩御飯を食べる

3日目:バスでだいぶ無理やり川平湾と玉取崎展望台を観光

7:10:石垣島バスターミナルまで歩き、西方面のバスに乗る

8:03:川平公園前着。川平湾を散策。

石垣島No1景勝地「川平湾」にバスで行ってみた話と写真撮影の時間帯について
石垣島髄一の景勝地である「川平湾」。車が無くてもバスで意外と行きやすいので、その様子をレポートしました。川平湾で写真を撮るための注意点も紹介しているので、これから行く方はぜひ参考にしてください。

9:46:川平公園発の米原キャンプ場線のバスに乗る

10:50:石垣空港で一旦バスを降りる

11:50:東方面行きのバスに乗る

12:14:玉取崎着。玉取崎展望台で石垣島の景色を一望

(写真撮ったはずなのに、どこにもない・・)

14:04:玉通崎発の東方面行きのバスに乗る

14:28:新石垣空港到着。そのまま帰路に
(荷物を持っての移動が辛ければ、そのまま石垣島バスターミナルに行き、そこから再度空港にバスで行くことも可能)

頑張れば車なしでも石垣島旅行はできる!頑張れば・・・

最後の1日を見てもわかる通り、バスでの観光はやっぱり面倒&時間の無駄です。笑
レンタカーを使えばもっと効率的にいろんな場所に行くことができます。
でも、車を運転できなくても、石垣島を楽しむことはできる!ということをこれでわかっていただければ幸いです。
これから車なしで旅行をされる方は、時刻表とにらめっこしながらぜひ自分なりのコースを組んでみてください!