• カメラ
    一眼レフでふんわりパステルカラーな可愛い写真の撮り方
    2018年1月8日
  • 国内旅行
    死ぬまでに行きたい日本の絶景!与論島を車なしで旅してみた
    2017年9月19日
  • 海外旅行
    おしゃれスポットあふれるコペンハーゲンを1日で観光できるプランをまとめてみた
    2017年12月31日
  • 海外旅行
    街全体がフォトジェニック!タリンのおすすめ観光スポットを巡ってきた
    2017年12月31日
海外旅行初心者にもおすすめ!ヘルシンキ女子旅のヒントと観光スポットをご紹介
スポンサーリンク

かもめ食堂やマリメッコ生誕の地として有名なフィンランドの首都ヘルシンキ

美しい建物や可愛い北欧雑貨に囲まれた街をいつか旅したいと思って数年。

やっとこの夏、念願の北欧旅行に行くことができました。

行ってみてわかったことは、本当に安全で観光しやすく、海外旅行初心者には最適の場所。

特に可愛い雑貨や建物が好きな女性にはおすすめです。

せっかく行ってきたので、行ったからこそわかる情報や、実際に観光したプランを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

海外旅行初心者でも安全。カメラ女子がヘルシンキを旅してみた

ヘルシンキについて

フィンランドの首都ヘルシンキは日本から直行便が出ており、片道約10時間~11時間で到着します。

アメニティから機内食まで!世界一可愛い飛行機「フィンエアー」で北欧旅に行ってきた
2017-10-29 16:15
8月最終週。ずっとずっと憧れの地だった北欧に行ってきました! その最初の楽しみがフィンエアー。 日本とフィンランドを直通10時間でつなぐ飛行機なのですが、この飛行機の魅力はなんと...

ヘルシンキ自体は小さな街で、主要な観光スポットはほとんどトラムや地下鉄でまわることができます。

【最新】2017年8月改定 ヘルシンキのトラム路線図と乗り換え検索について
2017-12-29 16:53
「旅にハプニングはつきもの」とはよく聞きますが、ヘルシンキの旅行で1番驚いたことは、2週間前にトラムの路線図が改定されていたこと。 私が旅行したのが2017年8月28日からだったの...

治安も非常に良く、女性の一人旅の方も何人か見ました。

他のヨーロッパでは少しでも油断するとスリに遭ったり・・ということがありますが、ヘルシンキはそんなことはなく、比較的安全に旅行できることも大きなポイントです。

デメリットは物価が高すぎること。

お水や日用品は日本で買うよりかなり高いので、日本から買っていった方がいいでしょう。

他にも日本では当たり前にもらえるものが、もらえなかったりするので、こちらの記事を読んでから行くことをおすすめします。

絶対役立つ北欧旅行の必需品!日本から持って行くべきおすすめ持ち物7つ
2017-12-24 09:42
ヨーロッパの中でも比較的旅しやすい場所である北欧。 比較的治安が良くて、観光スポットが密集しているため、初心者でも安全に旅行を楽しむことができます。 そんな北欧ですが、とにかく物価...

 

宿泊したホテル

今回ヘルシンキには2泊しました。

どちらも宿泊したのは、Original Sokos Hotel Presidentti

ヘルシンキ中央駅から徒歩5分ほどの距離にあるデザイナーズホテルです。

デザイナーズホテルというだけあって、客室はびっくりするほど可愛い。

ところどころに遊び心があるのも素敵です。

枕元にコンセントがあるのも大きなポイントですね。

朝ごはんのバイキングも種類豊富でおいしい。

これだけ素敵なホテルなのに、歯ブラシも寝間着もないのですから、北欧は不思議ですね。笑

ちなみにヘルシンキの観光スポットであるカンピ礼拝堂がかなり近くにありますが、時間の関係で行けませんでした。涙

 

おすすめのお土産

物価が高いヘルシンキ。

お土産も悩みましたが、スーパーが意外と使えます。

特におすすめなのが、マリメッコのペーパーナプキン

日本では小さいサイズで1つ700~800円ですが、フィンランドのスーパーでは2~3ユーロ。

1ユーロ135円としても300円~400円ほどと、日本で買うのと約2倍の差が!

しかも種類もかなり豊富なので、いくつも買ってしまいます。

ヘルシンキ中央駅近くでは、郵便局の隣にあるKマートが、種類豊富でお土産選びにぴったりでした。

 

観光スポット

今回のヘルシンキにいたのは3日。

とはいえ、1日目のお昼に到着し、3日目の夕方に帰るプランで、2日目はタリンの観光に費やしたため、フィンランドはほとんど観光できませんでした。笑

それでも十分楽しむことができたので、少ないながらも、今回まわった観光スポットを紹介します。

ヘルシンキ大聖堂

ヘルシンキの定番観光スポットと言うだけあり、近くで見るとかなり迫力があります。

トラムで行くこともできますが、私たちは散歩がてらヘルシンキ中央駅から歩いて到着。

この時だけ青空が顔を出してくれました。絵になるような美しさ。

ヘルシンキ大聖堂の前の路地には、可愛い旗をモチーフにしたガーランドが。

とても可愛くて、何とか写真に収めたかったのですが、なかなか思うようにいかず・・。難しいです。

隣り合わせの2つの道にガーランドがかかっているので、どちらものぞいてみてください。

ちなみにここから歩いてすぐの場所には、もう一つの観光スポットエスプラナーディ公園が。

緑あふれる公園でパワーチャージできます。

マーケット広場

エスプラナーディ公園を通り抜け、歩いて行くと港町のマーケット広場に到着。

ここではおいしそうなフルーツや雑貨を売る屋台がたくさん。

可愛いカフェもあり、写真スポットがたくさんありました。

ハカニエミマーケット

この場所の目的は2つ。

1つ目は大人気のスープ専門店「Soppakeittio」。

ハカニエミマーケットホールの1階にあり、お昼時ともあって観光客もたくさん。

一番人気のシーフードスープは私たちまでで終わってしまいました。ぎりぎりです。

なみなみに注がれたスープには大きな具材がゴロゴロ。

魚介のうまみがたっぷり入ったスープは、冷えた体を温めるにもちょうどいいです。

スープといえども丼のような器に、パンもお代わりできるため、おなかいっぱいになります。

そしてもう1つの目的はマリメッコのお店。

アウトレットではないのですが、ヘルシンキ価格で買えるので、日本で買うより安くて種類も豊富。

私が行った時は、定番ものの種類はマリメッコ本社よりも多く、意外と穴場だと思います。

Ravintola KAMOME

フィンランドを舞台にした映画「かもめ食堂」の舞台を再現したカフェ。

映画の中で出てくる食べ物をモチーフにしたメニューもあります。

お水にもかもめが描かれていて可愛い。

店内には日本人のスタッフもいて、まるで日本に帰ってきたような感覚に。

カフェ自体が可愛いのと、日本食を食べたい方にはおすすめです。

マリメッコ本社・アウトレット

ヘルシンキの代表的人気ブランド「marimekko」の本社とアウトレットが併設されている場所。

アウトレットも素敵ですが、ここは社員食堂のランチがとにかくおすすめ。

お店の内装から食器まですべてマリメッコ、ごはんもビュッフェスタイルで美味しいです。

こちらでまとめているので、ぜひご覧ください☟

おしゃれすぎるマリメッコ本社へ行ってきた!アクセスやランチのシステムについて
2017-12-29 15:55
フィンランドといえば、人気ブランド「マリメッコ」の生誕の地。 ヘルシンキにはそんなマリメッコの本社とアウトレットがあります。 マリメッコ本社にはなんとマリメッコの食器とおいしい料理...

 

海外旅行初心者でも楽しめるヨーロッパ

今までヨーロッパに行ったことはあってもツアー参加しかしたことがなく、英語もろくに話せない私。

しかし、ヘルシンキは治安も良くて、観光スポットも密集しているおかげで、ツアーに参加せずとも楽しむことができました。

ヨーロッパに行きたいけれど、旅に慣れていないので不安・・という方は、北欧をとにかくおすすめします。

同じく海外初心者でも旅しやすいデンマークとエストニアの旅行記も書いているので、ぜひ参考にしてください🎶

街全体がフォトジェニック!タリンのおすすめ観光スポットを巡ってきた
2017-12-31 17:02
おもちゃ箱のような可愛い街並みが特徴的なエストニアのタリン旧市街。 この夏日帰りで旅してきたので、その行程を写真で振り返ってみます。 可愛い写真がたくさん撮れて、想像以上に満足度の...

意外と簡単!ヘルシンキからタリンまでのフェリーの予約と注意点について
2017-12-29 18:22
ヘルシンキからフェリーで片道2時間、日帰りで行くことのできるエストニアの首都タリン。 おとぎの国と呼ばれるほど可愛すぎる街並みは一見の価値があります。 しかし、海外のフェリーで日帰...

旅の相棒

この旅行はすべてこのカメラ・レンズで撮影しています。
加工もほとんどしていません!

fujifilm X-T20

fujifilm XF10-24mmF4
35mm換算で約15mmと超広角で撮影できるので、広範囲を写すことができます。

fujifilm XF23mmF2
35mm換算で約35mmと、テーブルフォトや記念撮影にも使いやすい画角です。

fujifilm XF50mmF2
35mm換算で約75mmと、中望遠の画角なので、少し遠い被写体を圧縮して撮影したり、前ボケや背景をボカした写真を撮ることができます。

 

 

 

 

スポンサーリンク
関連キーワード
海外旅行の関連記事
  • オーロラ発生確率80%!カナダのホワイトホースにオーロラ撮影に行った時の旅行記
  • Wi-Fiがあれば海外旅行にガイドブックは不要か?について、検証してみた
  • 街全体がフォトジェニック!タリンのおすすめ観光スポットを巡ってきた
  • ヘルシンキから日帰り可能!女子旅にもおすすめなエストニア タリンについて
  • おしゃれスポットあふれるコペンハーゲンを1日で観光できるプランをまとめてみた
  • 海外旅行初心者にもおすすめ!ヘルシンキ女子旅のヒントと観光スポットをご紹介
おすすめの記事
2回目の舞洲ゆり園で絶景の夕日を
撮影記
「ゆり」という名前を活かして・・・もう一度行ってきましたゆり園。 今回は日曜日ということもあり、普段は狙えない夕日を狙うことに。 訪問日は6...