オリンパスのコスパ最強レンズ 25mmf1.8をレビューしてみる


カメラ女子から高い人気を誇るオリンパス。

私も3年間オリンパスユーザーだったので、オリンパスの魅力にどっぷりつかっていました。

そんなオリンパスの中で、最もおすすめなレンズがM.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

軽くて値段も手頃なのに、写りはシャープでボケもきれい。

今回はそんなM.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 の魅力を語っていきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

オリンパスのコスパ最強レンズ!M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 の魅力について

まだまだカメラ初心者だった頃、カメラ本体を買う時に何となく一緒に買ったこのレンズ。

実は最初の1年ほど全く使っていませんでした。

その理由は画角が狭くて使いにくいから。

マイクロフォーサーズの25mmなので、35mm換算は50mm

当時はまだ画角のことについて何もわかっておらず、実際使ってみたら思っていたより狭くてびっくり。笑

友人を複数人で撮影しようとしたら全然入らず、かなり離れなければいけないなと思った記憶があります。

そんなこんなで1年ほど放っておいた25mmを使ったのは友人の結婚式。

使ってみてその写りにびっくり。

ズームレンズでは絶対出せない解像度ときれいなボケに夢中になり、以降これしか使ってないんじゃという頻度てわ使ってます。

ボケがかなりきれい

単焦点を使う上で最も大切なのがボケ量

マイクロフォーサーズであるオリンパスはAPS-Cなどに比べるとボケにくいのですが、このレンズはきれいにボケてくれます。

F1.8まで下げられることが大きなポイント。F2.8でしたらここまでボケません。

25mmと17mmのレンズを比較される方も多いですが、こちらのレンズの方が焦点距離が長い分ボケも大きいので、より写真を楽しむことができます。

初心者でも上級者でも使いやすい画角

これも大きなポイント。

35mm換算の50mmとは、人が実際に物を見ている時と同じ画角と言われており、写真をイメージ通りに撮りやすいです。

よく50mmは初心者には使いづらいから、35mmを選ぶべきという意見を見ますが、私は初心者の方こそ50mmを選ぶべきだと思います。

50mmは35mmより狭くて画角に慣れるまでは難しいですが、そんなに狭すぎるわけではないので、普段通りの使い方で慣れていくことが可能です。

キットレンズよりも少し狭いだけなので、すぐに慣れます。

その上、35mmよりも焦点距離が長いため、若干の圧縮効果を楽しめます。

いらない情報を省き、被写体に集中した写真を撮ることができるので、キットレンズとの違いを感じやすいです。

キットレンズとは明らかに違う解像度

このレンズの魅力の大きなポイントでもある解像度
キットレンズとは明らかに出てくる絵が違います。
特にポートレートを撮ると違いが暦全。私は友人の結婚式でかなり重宝しました。

使えるシーンが多い

先ほどの画角の話に重なりますが、50mmの画角は近すぎず遠すぎないので、あらゆる場面で使えます。

お花やスナップ、ポートレートやカフェなど、普段の生活から旅行まで、どんな被写体でも。

軽くて持ち運びも便利なので、重宝します。

写真の楽しさが倍増するレンズ

キットレンズでも十分写真を楽しむことができますが、このレンズを使うともっと表現の幅を広げることができます。
使うだけで写真がうまくなるような気がします。本当に。
値段もそんなに高くないので、ぜひ使ってみていただきたい私の中のオリンパスNo1レンズです。

M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

div class=”kaerebalink-box” style=”text-align:left;padding-bottom:20px;font-size:small;zoom: 1;overflow: hidden;”>

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする