• 国内旅行
    死ぬまでに行きたい日本の絶景!与論島を車なしで旅してみた
    2017年9月19日
  • 海外旅行
    街全体がフォトジェニック!タリンのおすすめ観光スポットを巡ってきた
    2017年12月31日
  • カメラ
    一眼レフでふんわりパステルカラーな可愛い写真の撮り方
    2018年1月8日
  • 海外旅行
    おしゃれスポットあふれるコペンハーゲンを1日で観光できるプランをまとめてみた
    2017年12月31日
紅葉の絶景を撮影!メタセコイア並木には望遠レンズを持っていこう
スポンサーリンク

やってきましたね。紅葉シーズン。

関西にはたくさんの紅葉スポットがあるのですが、その中でも軒並み大人気の場所があります。

それは、滋賀県のメタセコイア並木

数年前までそんなに人が来るスポットではなかったのですが、SNSで爆発的な人気になってからは、京都の有名紅葉スポットよりも人気なんじゃないかと思うほど。

そんなメタセコイア並木ですが、「せっかく行ったのに、思ったような写真が撮れなかった」という声をよく聞きます。

なんかスカスカ・・?

 

その秘密は、カメラのレンズにあります。

 

スポンサーリンク

紅葉シーズンのメタセコイア並木撮影のコツとは!?

 

メタセコイア並木を撮るなら絶対におすすめ!望遠レンズについて

 

皆さんが普段よく目にするメタセコイア並木の写真は、こんな感じだと思います。

最初から答えを出すと、これは望遠レンズで撮影した写真です。

 

望遠レンズ」と聞くと「遠くを撮影する時に使うもの」というイメージを持つ方が多いと思います。

もちろんそれは正解。

ただし、もう一つ重要な効果を持っています。

それは圧縮効果

詳しく説明するととても難しいので、簡単に話すと、

圧縮効果があることで、遠くのものと近くのものの距離感がなくなります。

本来遠くに写るものが近くに写るように見えるため、奥行きがグッと圧縮されたように撮影することができます。

この圧縮効果のおかげで、このようにググっと木々がよってできたトンネルのような写真を撮ることができます。

35mmから50mmほどの通常レンズで撮影すると、圧縮効果が効かない結果、このようなスカスカな写真になってしまいます。

 

これはこれで素敵だと思うのですが、ひたすら続くメタセコイア並木の壮大さを伝えるなら、望遠レンズで撮影することをおすすめします。

最初からついているキットレンズの望遠レンズでもいいので、ぜひ持って行ってみてください!

 

メタセコイア並木に行くなら平日が絶対おすすめ

せっかくメタセコイア並木に行ったのだから、できれば人や車がいない写真を撮影したいのが本音。

それであれば、絶対に平日に行くことをお勧めします。

年々人気が加速している場所なので、特に紅葉シーズンの休日は大渋滞。笑

早朝からたくさんの人が来ているようなので、このような写真は撮れないと言っても過言じゃないです。

平日であれば人がかなり少ないので、タイミングさえあれば人が全くいない写真を撮ることも可能です。

ちなみにこのブログの写真はすべて平日のお昼に撮影しました。

紅葉シーズンドンピシャだったのですが、かなり人が少ないことがわかりますよね。

紅葉以外のシーズンもおすすめ

メタセコイア並木といえば紅葉のイメージを持っている人が多いと思いますが、新緑のシーズンも美しいですよ。

こちらを撮影したのは7月中旬。

秋と違って人も少ないのでおすすめです。

ちなみに紅葉のシーズンは例年11月下旬から12月上旬です。

毎年微妙にずれるので、SNS等でチェックしながら計画を立てるようにしましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク
カメラの関連記事
  • かわいい紅葉写真を撮るために!撮影のコツ・アイデアをまとめてみた
  • 紅葉の絶景を撮影!メタセコイア並木には望遠レンズを持っていこう
  • ふんわりかわいい紅葉エアリーフォト撮影のコツ
  • ふんわりかわいいお花写真を撮るために!135mmレンズのすすめ
  • 写真データが簡単に復旧!PC初心者におすすめなEaseUS Data Recovery Wizardのレビュー
  • Fujifilmの一眼レフで花火大会を撮影する基本設定・持ち物について
おすすめの記事
冬の北海道旅⑤小樽雪あかりの路
国内旅行
海鮮丼を堪能した後はゆっくり小樽の街並みを歩きます。 小樽といえばキャンドルということで、おしゃれなキャンドル屋さんもたくさん。 買って帰り...