• 海外旅行
    おしゃれスポットあふれるコペンハーゲンを1日で観光できるプランをまとめてみた
    2017年12月31日
  • 国内旅行
    死ぬまでに行きたい日本の絶景!与論島を車なしで旅してみた
    2017年9月19日
  • 海外旅行
    街全体がフォトジェニック!タリンのおすすめ観光スポットを巡ってきた
    2017年12月31日
  • 写真の撮り方
    初心者カメラ女子はこの設定!簡単にきれいに撮れる一眼レフの使い方
    2019年1月2日
  • カメラ講座
    インスタで13万いいね獲得!簡単に写真が上達する7つのコツ
    2019年1月30日
  • 写真の撮り方
    一眼レフでふんわりパステルカラーな可愛い写真の撮り方
    2018年1月8日
XF56mmF1.2とXF90mmF2を比較!フジフィルムのポートレートレンズはどっち?
スポンサーリンク


フジフィルムでボケたポートレートが撮りたい!

 

そう思って先日XF90mmF2を手に取ったのですが、フジフィルムでポートレートと言えば、忘れてはならないのがこのレンズ。

ポートレート撮影のために生まれてきたと言っても過言ではない、XF56mmF1.2 R
「このレンズを使いたいがためにボディをフジに換えた」という意見もあるほど根強い人気を持つレンズ。
今回はどちらを買うべきか、どちらも実際に使ってみて考えてみました。

(XF56mmにはAPDという上位レンズがありますが、ボケ方に好みがあり、そこまで評価も高くない(しかも高い)ので、今回は触れません。)

スポンサーリンク

ポートレートを撮るならどっち?XF90mmF2とXF56mmF1.2Rを比べてみた

ボケ量について

被写体に最短まで近づける花や建造物の撮影ではXF50mmF2などのレンズもそこそこボケますが、人となると話は別。
ある程度離れていてもボケ量を出すには、焦点距離の長いレンズを使用するか、f値の低いレンズを使用する必要はあります。
ということで、2つのレンズのボケを比べてみます。

56mmで撮影

90mmで撮影

画角が違うので、完全に比べることはできないのですが、どちらもボケはきれいです。
ただし、56mmの方が心なしかボケがふんわりしていてやさしい印象。

56mmで撮影

90mmのボケはやシャープな印象。

90mmで撮影

個人的にはボケ方は56mmの方が好きです。

ふんわり優しい女子ポートレートには最適ですね。

AF・描写力について

これはどちらも90mmに軍配が上がります。

90mmのAFは速くて正確で、細かい表情の動きや動作もきれいに捉えてくれます。

56mmも撮れないことはないのですが、よくよく見たらピントが甘い、、なんて失敗例がちょこちょこありました。(腕の問題かもしれませんが・・。)

56mmで撮影

描写力も90mmの方がシャープでキレがすごい。

人を際立たせて撮ることができます。

画角について

これはそれぞれ撮り方や好みがあるので一慨には言えませんが、使いやすいのは56mmの方です。

全身を入れた写真もバストアップもちょうどいい距離から撮影できるので、万能性があります。

56mmで撮影

特に結婚式の前撮りなど2人以上を撮影する場合だと、90mmmはかなり離れる必要があります。

また、室内で写真を撮る場合は90mmは相当離れないといけないので使いづらいです。
F値も1.2まで下げられる56mmの方がブレにも強い。

(室内の広さによっては35mmF1.4の方がおすすめかもしれません。)

 

しかし、90mmは構図がうまくハマると圧縮効果を活かした素晴らしい絵に仕上がります。

90mmで撮影

顔が写っている写真を投稿できないので、載せることができないのが心苦しいですが、「これいい!」と言ってもらえる写真は圧倒的に90mmの方です。

写りも56mmに比べてシャープでキレがあるため、人の顔がきれいに写ります。

90mmで撮影

 

最短撮影距離について

2つのレンズの最短撮影距離を比べると、
XF56mm=70cm
XF90mm=60cm

と意外にも56mmよりも90mmの方が10cmも被写体に寄れます。

寄れるか寄れないかはポートレートの時はそこまで重要ではないですが、それ以外の場所ではなかなかストレスになります。

私の場合お花を撮ることが多いのですが、寄れない56mmよりも90mmの方が出番が多いです。

カフェ等テーブルフォトを撮る場合も、寄れないので56mmはなかなか使いづらいです。

同じような画角のXF50mmF256mmの値段のほぼ半額でありながら最短撮影距離が 39cmとカフェでも大活躍。

ポートレート以外の56mmの使い道が正直難しいところです。

50mmで撮影。56mmだとこの距離でピントが合いません、、

結局どちらがいいのか

どちらも素晴らしいレンズなので、結局自分がどんな写真を撮るのか・どんな写真が好きなのかによると思います。

56mmをおすすめする人

・ふんわりふわっとしたボケが好き
・被写体はポートレートがメイン。
・ある程度モデルさんとコミュニケーションを取りながら撮影したい
・室内撮影が多い

 

90mmをおすすめする人


・ポートレート以外にも撮りたいものが多い(お花・景色など)
・AF・解像度にこだわりたい
・屋外(広めの場所)撮影が多い
・135mmの画角を使いこなせる

かなーと思います。

56mmは良くも悪くもポートレートにとっての神レンズ。

あのふんわりしたボケは56mmにしか出せず、それだけのために欲しくなるほどに魅力的です。

しかし、大きな魅力はそれだけ。
それ以外のスペックはほぼ全て他のレンズの方が勝っています。

90mmはボケ感は56mmに負けており、ポトレ撮影には少し狭いことが難点ですが、AF・解像度等は56mmより勝っています。

望遠が欲しい時の風景にも使えますし、花撮影にも適しています。

結局私はかなり悩んで90mmを選びました。
ポートレートよりも花を含めた景色が圧倒的に多いので90mmにしたのですが、ポートレートメインだったら56mm買ってただろうなと思うぐらい、56mmも魅力的。

もっと安ければもう一つ買うのにな、と危ない考えを持ってしまいます。笑

 

XF56mmF1.2 R

XF90mmF2

 

お知らせ

私のお花写真の撮り方からレタッチまで、すべてを公開しているnoteを作成しています。

さすがに無料では公開できないような内容とボリュームなので、有料とさせていただきました。

基本的な内容はお花写真をもとに作成していますが、基本設定やレタッチの方法は他の写真でも応用できますので、ふんわりかわいい写真・パステルカラーな写真が好きな方はぜひ読んでいただけるとありがたいです。

期間限定でかなり安く販売しているので、今がチャンスです。

 

スポンサーリンク
関連キーワード
  • X-T3を買う前に!コスパ最強カメラフジフィルムX-T20をレビューしてみる
  • オリンパスのコスパ最強レンズ 25mmf1.8をレビューしてみる
  • XF56mmF1.2とXF90mmF2を比較!フジフィルムのポートレートレンズはどっち?
  • ポートレートやお花畑に!XF90mmF2を作例とともにレビューしてみる
  • FujifilmX-T20とXF35mmF1.4で城崎温泉を旅してみた【撮影レビュー】
  • それでもオリンパスでオーロラ撮影される方向けに、おすすめのレンズをまとめてみた
おすすめの記事
私のカメラ履歴書
プロフィール
私とカメラについて いろいろと語る前に、まずは私のカメラ履歴についてお話しします。 出会いは歯医者さんの待合室 私とカメラの最初の出会いは、...