• 海外旅行
    おしゃれスポットあふれるコペンハーゲンを1日で観光できるプランをまとめてみた
    2017年12月31日
  • 海外旅行
    街全体がフォトジェニック!タリンのおすすめ観光スポットを巡ってきた
    2017年12月31日
  • 国内旅行
    死ぬまでに行きたい日本の絶景!与論島を車なしで旅してみた
    2017年9月19日
  • カメラ
    一眼レフでふんわりパステルカラーな可愛い写真の撮り方
    2018年1月8日
ふんわりかわいいお花写真を撮るために!135mmレンズのすすめ
スポンサーリンク

半年前に135mmのレンズを購入してからというものの、135mmの魅力に取りつかれているゆりです。

ふんわりかわいいお花写真を撮ることが好き私にとって、今や欠かせない相棒になっている135mmのレンズ



135mmは中望遠の中でも望遠寄りで画角が狭く、使いづらいと考えている方も多いと思うのですが、
一度慣れたら、この画角以外の写真が撮れなくなるほど魅力的です。

最近のお花畑撮影はほぼ135mmしか使っていない状態なので、この機会に135mmレンズでの花撮影について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ふんわりかわいいお花写真には必須!135mmレンズの魅力

 

今回使用するレンズ

私が普段使っているフジフィルムXF90mmF2です。

フルサイズ換算で135mmF2ですね。
このタイプのレンズは各メーカーさんが出していますが、
どれも結構お高い
(クリックしてみたらびっくりされる方も多いです。)



このレンズのポイントはF値2まで下げられること。
F2開放の時のボケのふんわり感は、他のレンズでは真似できません。



望遠ズームレンズでしたらもう少し安いものがあるのですが、表現力が全く違うので、できることなら135mmF2の単焦点を使うことをおすすめします。

 

広大なお花畑を圧縮効果で表現

以前75mmのレンズのお花撮影の時も同じことを書きましたが、更に画角が狭い135mmのレンズは75mm以上の圧縮効果を出せます。



広いお花畑の中にたくさんのお花が咲いている様子を表現することができるので、満開のお花畑を1枚の写真で表現できます。

圧倒的なボケ

135mmF2の強みは何よりもボケ
やわらかいボケが主役をより引き立てます。


後ろボケはもちろん、前ボケもかなりきれいに入るので、お花撮影をしている人はかなり重宝すると思います。


前ボケ・後ろボケを使ってふんわりかわいいお花畑を撮ることができます。

空を入れて撮影することも

画角が狭いと空を入れて撮れないと思われがちですが、場所によってはこんな感じで空を入れて撮ることもできます。


かなり下から撮る必要があります。

下に降りられるお花畑ならこんな写真が撮れますよ。

お花撮影には欠かせないレンズ

お花畑をふんわりかわいく撮影するには圧縮効果とボケ感は必須。
自分の思ったような写真が撮れないと悩んでいる方は、レンズを変えてみることから始めてみてもいいと思います。


私もこのレンズを買ってから写真がだいぶ変わりました。
お花撮影を極めたい方はぜひ一度使ってみてください♪

スポンサーリンク
関連キーワード
カメラの関連記事
  • かわいい紅葉写真を撮るために!撮影のコツ・アイデアをまとめてみた
  • 紅葉の絶景を撮影!メタセコイア並木には望遠レンズを持っていこう
  • ふんわりかわいい紅葉エアリーフォト撮影のコツ
  • ふんわりかわいいお花写真を撮るために!135mmレンズのすすめ
  • 写真データが簡単に復旧!PC初心者におすすめなEaseUS Data Recovery Wizardのレビュー
  • Fujifilmの一眼レフで花火大会を撮影する基本設定・持ち物について
おすすめの記事
冬の北海道旅⑤小樽雪あかりの路
国内旅行
海鮮丼を堪能した後はゆっくり小樽の街並みを歩きます。 小樽といえばキャンドルということで、おしゃれなキャンドル屋さんもたくさん。 買って帰り...