• カメラ講座
    インスタで13万いいね獲得!簡単に写真が上達する7つのコツ
    2019年1月30日
  • 海外旅行
    街全体がフォトジェニック!タリンのおすすめ観光スポットを巡ってきた
    2017年12月31日
  • 写真の撮り方
    一眼レフでふんわりパステルカラーな可愛い写真の撮り方
    2018年1月8日
  • 国内旅行
    死ぬまでに行きたい日本の絶景!与論島を車なしで旅してみた
    2017年9月19日
  • 海外旅行
    おしゃれスポットあふれるコペンハーゲンを1日で観光できるプランをまとめてみた
    2017年12月31日
  • 写真の撮り方
    初心者カメラ女子はこの設定!簡単にきれいに撮れる一眼レフの使い方
    2019年1月2日
35mm換算って?フルサイズとAPS-Cの違いって?わかりやすく説明してみた
スポンサーリンク


カメラを趣味にしている人なら、「35mm換算で〇〇mm」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

ある程度カメラに詳しい人は当たり前のように使う言葉なのですが、初心者の方にとって「???」となるのは当然ですよね。

また、その説明にフルサイズ・APS-C・マイクロフォーサーズという言葉もよく使われます。

これはカメラのセンサーサイズの違いなのですが、こちらも初心者の方は「?????」となりますよね。

今回はその35mm換算についてとセンサーサイズ(フルサイズ・APS-C・マイクロフォーサーズ)の違いについて、わかりやすく解説したいと思います。

スポンサーリンク

35mm換算って?フルサイズとAPS-Cの違いって?センサーサイズと画角についてわかりやすくまとめてみた

カメラの画角とセンサーサイズの関係について

カメラの画角は、センサーサイズによって変わります。

カメラには、イメージセンサーという光を取り込む機能があり、このイメージセンサーが大きいほど、暗いところの撮影に強くなったり、ボケのきれいな写真を撮ったりすることができます。

このイメージセンサーの大きさが、センサーサイズ

カメラに搭載されているセンサーサイズの中で、一番大きいものが「フルサイズ」。

このフルサイズのセンサーサイズが35mmです。

イメージセンサーはカメラによって違う

すべてのカメラのイメージセンサーが同じであれば、「35mm換算で・・」なんて言葉を使わなくても済むのですが、イメージセンサーの大きさはカメラによって違います。

イメージセンサーが違うと、画角が変わってしまいます。

そのイメージセンサーの違いが、フルサイズやAPS-Cの違いです。

イメージセンサーの大きい順に

フルサイズ>APS-C>マイクロフォーサーズ

となります。

イメージセンサーごとの画角の計算方法

先ほど話した通り、イメージセンサーが違うと、画角が変わります。

主な計算方法としては、

フルサイズ=そのまま

APS-C=フルサイズの画角×1.5

APS-C(キャノン)=フルサイズの画角×1.6

マイクロフォーサーズ=フルサイズの画角×2

となります。

次に具体例を書きます。

「35mmの単焦点レンズ」を誤解して理解すると大変なことに

先ほどの計算を、具体的に説明します。

例えば初心者の方がよく買う35mmの単焦点レンズ

35mmのレンズであっても、そのレンズを付けるボディのセンサーサイズによって、画角が変わります。

フルサイズ=35mm

APS-C=フルサイズの画角×1.5=35×1.5=50mm

APS-C(キャノン)=フルサイズの画角×1.6=35×1.6=56mm

マイクロフォーサーズ=フルサイズの画角×2=35×2=70mm

と、同じ35mmであっても画角が全然違ってしまいます。

 

下記のような誤解も生まれてしまいます。

フルサイズのカメラを持つA
初心者は35mmの単焦点レンズがおすすめだよ!

APS-Cのカメラを持つB
35mmの単焦点ね!(APS-Cのレンズを買う)

APS-Cのカメラを持つB
(後日)35mmって思ったより画角が狭いんだけど・・。

フルサイズのカメラを持つA
君のカメラはAPS-Cだから、その35mmレンズは35mm換算で50mmだよ。
僕が言ったのは、フルサイズ換算でいう35mm。
つまり、APS-Cでは23mmだね。

APS-Cのカメラを持つB
・・・・

 

 

このように、「35mm=フルサイズ換算」とお互いの認識を合わせておかないと、誤解が生まれてしまいます。

そのような誤解を防ぎ、認識を合わせるために「35mm換算」という言葉を使うようになったのです。

自分のカメラのセンサーサイズがわからない場合

ここまで読んだあなたもピンと来たはず。

当たり前ですが、自分のカメラがフルサイズなのか、APS-Cなのか、マイクロフォーサーズなのかをしっかり理解しておくことが重要です。

このセンサーサイズについてもまとめたいところですが、メーカーによって出しているサイズも様々なので、ご自身の機材をネットで調べるか、販売店に問い合わせるのが一番スムーズです。

ちなみに、私の使用しているフジフィルムX-T20はAPS-Cです。

まとめ

①35mm換算とは、フルサイズのセンサーサイズで計算した画角。

②フルサイズ・APS-C・マイクロフォーサーズは、センサーサイズの違い

②センサーサイズの違いで起こる画角の認識の違いをなくすために、フルサイズ換算で計算した画角=35mm換算という言葉を使うようになった。

ということです。

特にAPS-C,マイクロフォーサーズの場合は、フルサイズ換算の画角かセンサーサイズに合わせた画角なのか、自分の欲しいレンズについてきちんと確認してから購入する必要があります。

こちらも合わせてチェック↓

インスタで13万いいね獲得!簡単に写真が上達する7つのコツ
2019.1.30
フォロワー4,000人以上のインスタグラムを運営する筆者が、簡単に写真を上達させる方法を書いています。ふんわりかわいいテイストはカメラ女子にもおすすめ。...
スポンサーリンク
関連キーワード
写真の撮り方の関連記事
  • lens
    広角・望遠って何?カメラにおけるレンズの焦点距離について
  • 35mm換算って?フルサイズとAPS-Cの違いって?わかりやすく説明してみた
  • なぜF値が下がらない?ボケた写真を撮るための単焦点レンズの選び方
  • ホワイトバランスとは?カメラが楽しくなるシーン別簡単講座
  • 初心者カメラ女子はこの設定!簡単にきれいに撮れる一眼レフの使い方
  • かわいい紅葉写真を撮るために!撮影のコツ・アイデアをまとめてみた
おすすめの記事